新着情報

最新動画

ネット

インターネットは今は、もはや私の生活にはなくてはならないものだ。
別になければ、なくても生活はできる。私が育った時代にはパソコンすら家庭にない時代だったのだ。
人は新しくとも便利なものにはすぐ慣れる。けれど便利なものを一度使い慣れてしまうと、元に戻すのは大変だ。
今ではエネルギーとしてなくてはならない電気だって、昔はなかったのである。でもなくても生活できていた。今は電気がなくなると、生活が成り立たない。何もできないのだ。電気がない生活等考えたこともない。
それでも、そういう事態に陥った場合は、なんとかしなくてはいけないし、実際なかった時の知恵が人間には働く。
電気等のエネルギー源に比べればインターネットは、普通に生活している人にとっては、あれば便利だし、なければ不便くらいだ。けれど、仕事となると話は違う。
インターネットと電子メールは仕事をする上でなくてはならないものだ。それこそ停電になったり、回線に不具合が生じてネットワークが遮断されてしまうと、仕事は何もできなくなってしまう。
同じ業務内容でも、以前はインターネットやメールを使わないで作業していたはずなのに、今では全く違ってしまった。
仕事の世界では、インターネットやメールは必需品であり、パソコンがひとり一台あって当たり前だし、あることを前提として業務を遂行していく。
もちろん、パソコンやインターネットを使わない業界もあるとは思う。けれど、デスク上で仕事をする類の業種の人は、ほぼパソコンに四六時中向き合う仕事だ。
かくいう私も業務時間中はずっとパソコンの画面に向かって仕事をする毎日である。
暇な時間はインターネットでネットサーフィンをする。サーフィンというくらいだから、ネットの世界はまるで大海原のように広く、そして無限だ。制限がかかっていなければどこまででも目の前の箱の中で泳いでいけるのだ。
Copyright(c) 2012 ネット All Rights Reserved.